Gifter LABO ホーム > イベント一覧 > 2014年3月30日(土) オンリーワン体験スクール2014春 > 「体を使ったゲームプログラミング体験」


マウスやキーボードなんてもう古い?「体を使ったゲームプログラミング体験」

バー


- 概要 -

体の動きを感知するセンターを使って、自由な動きでキャラクターを操るゲーム作りを体験します。
思いっきり動いたり、何かを演じたり、全身を使った君だけのゲームを作ろう!

※イメージ図です。実際の体験と異なります。(ページ内以下同様)


- 体験の背景 -

文字入力したりボタンを押したりすることだけではなく、体を使って情報を入力するセンサーが急激に進化しています。
このセンサーは、体を動かすことが好きな子どもたちの自由な発想をそのまま表現できます。例えば演劇要素を取り入れた俳優練習ゲームづくりなど、子どもたちはこの体験を通じて、自身の個性を広く取り入れたプログラムミングのアイデアを思いつくかもしれません。

ゲームだけでなく高齢者向けサービス開発など、この分野の技術は今後の日本社会において応用範囲が広く大変重要です。
このような技術を早期に体験することは、子どもたちが将来必要とされる製品やサービスを生む可能性を飛躍的に高めることにつながります。